No.003

ex 積み上げ縦棒グラフ、系列の合計値を表示する方法

Excel2003/2007/2010/2013

よく利用される積み上げ縦棒グラフです。
積み上がったグラフの合計表示は典型なパターンですが、少し工夫が必要です。

積み上げ縦棒グラフ合計表示

作成手順は何通りかありますが、次の手順がスムーズではないかと思います。

  1. グラフ元表に合計値を求め、次のように作っておきましょう。
    積み上げ縦棒グラフ元表
  2. 合計値も含むすべての範囲(セルA1:E6)を選択し、[挿入]タブ-[グラフ]グループ-[縦棒]-[2-D縦棒]より[積み上げ縦棒]をクリックして、積み上げ縦棒グラフを作成します。
    積み上げ縦棒グラフ
  3. できたグラフはすべての系列が積み上がっています。
    積み上げ縦棒グラフ
  4. 合計の系列(合計の任意の棒)を右クリック-[データ系列の書式設定]をクリック、またはダブルクリックします。
  5. 表示された[データ系列の書式設定]作業ウィンドウ(ダイアログ ボックス)の[系列のオプション]の[使用する軸]で、[第2軸(上/右側)]オプションを選択します。(下図上Excel2013、下図下Excel2010)
    すると合計だけの棒グラフのようになりますが、実は元の積み上げ縦棒と重なっている状態です。
    データ系列の書式設定
  6. 引き続き[塗りつぶし]を選択し、[塗りつぶしなし]オプションを選択します。
    もう1つ、[枠線]も[線なし]オプションを指定します。(下図上Excel2013、下図下Excel2010)
    合計のグラフは透明となり、元の積み上げ縦棒が見えてきました。
    以上で[データ系列の書式設定]作業ウィンドウ(ダイアログ ボックス)は閉じます。
    データ系列の書式設定
  7. まだ合計の系列が選択されている状態で、
    Excel2013では[グラフ ツール]-[デザイン]タブ-[グラフのレイアウト]グループ-[グラフ要素を追加]-[データ ラベル](下図上)、
    Excel2010、Excel2007では[グラフ ツール]-[レイアウト]タブ-[ラベル]グループの[データ ラベル](下図下)の一覧より、
    とりあえず[内側]を選択し、合計の系列のみデータ ラベルを表示します。
    データ ラベル
  8. データ ラベルの表示位置は、一度ラベルをクリックし、再度任意のラベルをクリックすると特定のラベルのみ選択でき、ドラッグで移動することができます。
  9. 最後に、[凡例]には透明となった合計の系列が表示されていますので削除します。
    一度凡例をクリックし、合計の文字の上をクリックすると選択されますので、「Delete」キーで削除しましょう。
  10. 最後に右の縦軸は必要ないですので、選択して「Delete」キーで削除しましょう。

以上でできあがりです。

積み上げ縦棒グラフ合計表示

Excel2003では、次の方法がスムーズに作成できます。

  1. グラフ元の表に合計値のデータを作成しておきます。
  2. 先に、合計以外のグラフ元範囲を選択して積み上げ縦棒グラフを作成します。
  3. 合計のグラフ元データを選択してコピーし、グラフ上に貼り付け、合計のデータをあとからグラフに追加します。
  4. 追加した合計値の系列ダブルクリックし、[データ系列の書式設定]ダイアログ ボックスを表示します。
  5. [データ系列の書式設定]ダイアログ ボックスの[軸]タブで[第2軸]と指定します。
  6. 続けて[パターン]タブで[輪郭]と[領域]、または[線]と[マーカー]をともに"なし"に設定します。
  7. 最後に、[データ ラベル]タブで[値]チェック ボックスをオンにします。

関連ヘルプ

棒グラフで、とびぬけて高いの棒上に省略のしるしを入れてグラフをバランスよく作成する
大きさの違う複数のグラフをすべて同じ大きさに揃える
折れ線グラフで、元データに空白があるときに線が途切れてしまうのをつなぎたい
横棒グラフの横軸(数値軸)を上にする
ドーナツグラフの穴を閉じるには
積み上げ縦棒グラフのデータ系列の積み上げ順序を変える
円グラフに合計値を表示する
積み上げ縦棒グラフの項目を2本並べて表示する
円グラフのデータ ラベルの、分類名と値を改行したい

Excelのカテゴリ

ヘルプの森

Excel・Access・Office全般
ヘルプデスク サイト Googleヘルプるん
詳しくはsite mapのページ