ヘルプの森~Excel・Access・Office全般ヘルプデスクサイト

No.002

Access2010マクロ アクション一覧

2003/2007/2010/2013

Access2010のマクロのアクション一覧です。
ページ内の検索は、ショートカット キー「Ctrl」+「F」よりブラウザの検索機能をお使いください。

マクロ名 コマンド名 引数 機能概要
ウィンドウ管理
ウィンドウ移動とサイズ変更 MoveSize


高さ
作業中のウィンドウを移動したりサイズを変更したりする
ウィンドウの最小化 Minimize - 作業中のウィンドウを最小化する
ウィンドウの最大化 Maximize - 作業中のウィンドウを最大化する
ウィンドウを元のサイズに戻す Restore - 最大化または最小化されているウィンドウを元のサイズに戻す
ウィンドウを閉じる Close オブジェクトの種類
オブジェクト名
オブジェクトの保存
指定したAccessウィンドウを閉じる、指定が省略された場合はアクティブ ウィンドウを閉じる
システム コマンド
Accessの終了 Quit オプション Accessを終了する
SharePointのごみ箱を開く RunCommand acCmdSharePointSiteRecycleBin - SharePointサイトのごみ箱を表示する
SharePointリストを開く RunCommand acCmdBrowseSharePointList - SharePointリストを参照する
アプリケーションの実行 RunApp コマンド ライン Windows対応アプリケーション、またはMS-DOS対応アプリケーションを起動する
キー送信 SendKeys キー操作
待機
アクティブ アプリケーションにキー操作を送信する
データベースを閉じる RunCommand acCmdCloseDatabase - カレント データベースを閉じる
メッセージの設定 SetWarnings メッセージの表示 システム メッセージの表示を制御する
印刷 PrintOut 印刷範囲
開始ページ
終了ページ
印刷品質
部数
部単位で印刷
アクティブ データベース オブジェクトを印刷する
警告音 Beep - コンピュータの警告音を鳴らす
砂時計ポインターの表示 Hourglass 表示 マクロの実行中、マウスポインタを砂時計の形に変更する
データのインポート/エクスポート
Outlookの連絡先として保存 RunCommand acCmdSaveAsOutlookContact - カレント レコードをOutlookの連絡先として保存する
Outlookの連絡先を追加 RunCommand acCmdAddFromOutlook - Outlookの連絡先を追加する
SharePointリストのインポート ImportSharePointList 変換の種類
リスト ID
ビュー ID
テーブル名
ルックアップ表示値の取得
SharePointサイトのデータをインポートまたはリンクする
Wordに差し込み RunCommand acCmdWordMailMerge - 差し込み操作を実行する
データのインポート/エクスポート TransferDatabase 変換の種類
データベースの種類
データベース名
オブジェクトの種類
オブジェクト名
変換先名
テーブル構造のみ変換
他のデータベースからカレント データベースに、データをインポート、テーブルをリンク、またはカレント データベースから他のデータベースにデータをエクスポートする
データベースオブジェクトの電子メール送信 SendObject オブジェクトの種類
オブジェクト名
出力ファイル形式
宛先
Cc
Bcc
件名
メッセージ
メッセージの編集
テンプレート ファイル
指定したデータベース オブジェクトをメール メッセージに添付して送信する
テキストのインポート/エクスポート TransferText 変換の種類
定義名
テーブル名
ファイル名
フィールド名の設定
HTMLテーブル名
コードページ
テキスト ファイルと現在のAccessデータベース間でデータをインポート、テキスト ファイルのデータを現在のAccessデータベースにリンク、Wordの差し込みデータ ファイルにデータをエクスポートする
ワークシートのインポート/エクスポート TransferSpreadsheet 変換の種類
ワークシートの種類
テーブル名
ファイル名
フィールド名の設定
範囲
現在のAccessデータベースに、ワークシートのデータをインポートまたはリンク、現在のAccessデータベースのデータをワークシートにエクスポートする
書式設定を保持したままエクスポート OutputTo オブジェクトの種類
オブジェクト名
出力ファイル形式
出力ファイル
自動起動
テンプレート ファイル
エンコード
出力品質
指定したデータベース オブジェクトのデータを、Excel形式(.xls)、リッチ テキスト形式(.rtf)、MS-DOSテキスト形式(.txt)、HTML形式(.html)、スナップショット形式(.snp)で保存する
電子メールによるデータ収集 RunCommand acCmdCollectDataViaEmail - HTMLフォームまたはInfoPathフォームを使用して、Outlook経由でデータを収集する
保存済のインポート/エクスポート操作の実行 RunSavedImportExport 保存済みのインポート/エクスポート操作の名前 選択したインポートまたはエクスポート操作を実行する
データベース オブジェクト
オブジェクトのコピー CopyObject コピー先データベース
新しい名前
ソース オブジェクトの種類
ソース オブジェクト名
指定されたデータベース オブジェクトを別のAccessデータベースにコピーするか、またはカレント データベースに新しい名前を付けてコピーする
オブジェクトの印刷 RunCommand acCmdPrint - 現在のオブジェクトを印刷する
オブジェクトの再描画 RepaintObject オブジェクトの種類
オブジェクト名
保留になっていた画面の更新や再計算を実行する
オブジェクトの削除 DeleteObject オブジェクトの種類
オブジェクト名
指定したオブジェクトを削除する
オブジェクトの選択 SelectObject オブジェクトの種類
オブジェクト名
データベース ウィンドウ内
指定したデータベース オブジェクトを選択する
オブジェクトの保存 Save オブジェクトの種類
オブジェクト名
指定したオブジェクトを保存する
オブジェクト名の変更 Rename 新しい名前
オブジェクトの種類
古い名前
指定したオブジェクトの名前を変更する
コントロールの移動 GoToControl コントロール名 アクティブなデータシートまたはフォームにある、指定されたフィールドまたはコントロールにフォーカスを移動する
テーブルを開く OpenTable テーブル名
ビュー
データ モード
テーブルを開く
フォームを開く OpenForm フォーム名
ビュー
フィルタ名
Where 条件式
データ モード
ウィンドウ モード
フォームを開く
プロパティの設定 SetProperty コントロール名
プロパティ
コントロールのプロパティを設定する
ページの移動 GoToPage ページ番号

アクティブ フォームの指定されたページにある、最初のコントロールにフォーカスを移動する
レコードの移動 GoToRecord オブジェクトの種類
オブジェクト名
レコード
オフセット
指定されたレコードを、テーブル、フォーム、クエリの結果セットのカレント レコードにする
レポートを開く OpenReport レポート名
ビュー
フィルター名
Where 条件式
ウィンドウ モード
レポートを開く、または印刷する
印刷プレビュー RunCommand acCmdPrintPreview - 現在のオブジェクトの印刷プレビューを表示する
値の代入 SetValue アイテム
フォーム、フォームのデータシート、またはレポートにあるコントロール、フィールド、またはプロパティに値を設定する
データ入力操作
リスト項目の編集 RunCommand acCmdEditListItems - ルックアップ リストの項目を編集する
レコードの削除 RunCommand acCmdDeleteRecord - カレント レコードを削除する
レコードの保存 RunCommand acCmdSaveRecord - カレント レコードを保存する
フィルター/クエリ/検索
SQLの実行 RunSQL SQLステートメント
トランザクションの使用
指定されたSQLステートメントを実行する
オブジェクトからレコードの検索 SearchForRecord オブジェクトの種類
オブジェクト名
レコード
Where 条件式
条件に基づいて、オブジェクトからレコードを検索する
クエリを開く OpenQuery クエリ名
ビュー
データ モード
クエリを開く、アクション クエリを実行する
フィルター/並べ替えの解除 RunCommand acCmdRemoveFilterSort - 現在のフィルターを削除する
フィルターの実行 ApplyFilter フィルター名
Where 条件式
コントロール名
フィルター、クエリ、またはSQLのWhere句を、テーブル、フォーム、レポートに対して実行する
フィルターの設置 SetFilter フィルター名
Where 条件式
コントロール名
フィルター、クエリ、またはSQLのWhere句を、テーブル、フォーム、レポートに対して実行する
レコードの検索 FindRecord 検索データ
検索条件
大小文字区別
検索方向
表示書式で検索
カレント フィールドのみ
先頭から検索
指定された条件に一致するレコードを検索する
レコードの更新 RefreshRecord - カレント レコードを更新する
再クエリ Requery コントロール名 コントロールが指定されている場合はアクティブ オブジェクトにあるコントロールの再クエリを強制実行、コントロールが指定されていない場合はアクティブ オブジェクトの再クエリを強制実行、指定されたコントロールがテーブルまたはクエリを基にしていない場合はコントロールの再計算を強制実行する
最新の情報に更新 RunCommand acCmdRefresh - ビュー内のレコードを更新する
次のレコードを検索 FindNext - [レコードの検索]アクションや[検索]ダイアログ ボックスで最後に指定された条件に一致する、次のレコードを検索する
全レコードの表示 ShowAllRecords - アクティブなテーブル、クエリまたはフォームに対するフィルターを解除する
並べ替えの設定 SetOrderBy 並べ替え
コントロール名
並べ替えを適用する
マクロ コマンド
VisualBasicモジュールを開く OpenModule モジュール名
プロシージャ名
指定したVisual Basic モジュールをデザイン ビューで開き、指定したプロシージャを表示する
イベントの取り消し CancelEvent - このアクションを含むマクロを呼び出すAccessのイベントを取り消す
エコー Echo エコーの設定
ステータス バー テキスト
マクロ実行中に結果を表示をするかどうかを指定する
エラー時 OnError 移動先
マクロ名
エラー処理の動作を定義する
シングルステップ SingleStep - マクロの実行を一時停止し、[マクロのシングル ステップ]ダイアログ ボックスを開く
すべての一時変数の削除 RemoveAllTempVars - すべての一時変数を削除する
データマクロの実行 RunDataMacro マクロ名 データ マクロを実行する
プロシージャの実行 RunCode プロシージャ名 Visual BasicのFunctionプロシージャを実行する
マクロエラーのクリア ClearMacroError - MacroErrorオブジェクトの最後のエラーをクリアする
マクロの実行 RunMacro マクロ名
実行回数
繰り返し条件式
マクロを実行する
マクロの中止 StopMacro - 実行中のマクロを中止する
メニューコマンドの実行 RunCommand コマンド Accessのメニュー コマンドを実行する
ローカル変数の設定 SetLocalVar 名前
ローカル変数を特定の値に設定する
ワークフロータスク RunCommand acCmdWorkflowTasks - ワークフロー タスクのダイアログ ボックスを表示する
一時変数の削除 RemoveTempVar 名前 一時変数を削除する
一時変数の設定 SetTempVar 名前
一時変数を特定の値に設定する
新しいワークフローの開始 RunCommand acCmdStartNewWorkflow - 項目の新しいワークフローを開始する
全マクロの中止 StopAllMacros - 実行中の全てのマクロを中止する
ユーザー インターフェイス コマンド
ツールバーの表示 ShowToolbar ツールバー名
表示
組み込みツール バーまたはカスタム ツール バーの表示/非表示を切り替える
ナビゲーションウィンドウのロック LockNavigationPane ロック ナビゲーション ウィンドウのロックまたはロック解除に使用する
メッセージボックス MsgBox メッセージ
警告音
メッセージの種類
メッセージ タイトル
警告や情報などのメッセージをメッセージ ボックスに表示する
メニューの設定 SetMenuItem メニュー インデンクス
コマンド インデックス
サブコマンド インデックス
フラグ
アクティブ ウィンドウのグローバル メニューまたはカスタム メニューのメニュー項目の状態を設定する
メニューの追加 AddMenu メニュー名
メニュー マクロ名
ステータス バー テキスト
フォームまたはレポートのカスタム メニュー バーにメニューを追加する
レコードを元に戻す RunCommand acCmdUndo - 直前のユーザー操作を元に戻す
移動先 NavigateTo カテゴリ
グループ
指定したナビゲーション ウィンドウ グループおよびカテゴリに移動する
繰り返し RunCommand acCmdRedo - 直前のユーザー操作をやり直す
参照先 BrowseTo オブジェクトの種類
オブジェクト名
サブフォーム コントロールへのパス
Where 条件式
ページ
データ モード
読み込んだサブフォーム オブジェクトをサブフォーム コントロールに変更する
表示されるカテゴリの設定 SetDisplayedCategories 表示
カテゴリ
ナビゲーション ウィンドウに表示するカテゴリを指定する

そのほかのお役立ち一覧

Access2003マクロ アクション一覧